国際ファッション産学推進機構は、2011年7月に設立されました。
国際化が進む時代背景の中、有能な人材の育成および輩出は、ファッション教育界の重要な課題となっております。少子化や大切なものづくりの海外への流出化といったことが社会問題となる一方で、国を挙げてのグローバル化が急ピッチで進む中、文化学園では、学園を構成する機関にとどまらず、ファッションを生活全般ととらえ、ファッション産業全体の人材育成に貢献すべく、本機構を発足いたしました。
時代に即応し、また国際的に活躍する有能な人材の育成には、アパレル・ファッション業界との連携を今まで以上に強化することが必要と考えております。本機構は、産業界と一体となって、“人づくり”のパイプ役としての役割を担い、進めてまいります。
本機構の業務内容は、以下の通りです。

1.アパレル・ファッション産業界と学園とのあらゆる連携の推進
2.産学連携で学生(卒業生含む)の起業および高度な就職支援
3.特に中国を中心としたアジアとの産学連携、留学生への支援
4.世界各国での共同教育事業の展開
5.「Tokyo新人デザイナーファッション大賞」の受託運営
6.産学連携による講習会・研修会の実施および協力
7.繊維ファッション産学協議会・JFW・日本ファッション教育振興協会などとの連携・協力
8.その他

また、現在文部科学省委託事業である「専修学校による地域産業中核的人材養成事業」を遂行し、産官学が一体となって「社会人向けファッションビジネス能力向上プロジェクト」に取り組んでいます。
これらの事業を柱とし、次世代のアパレル・ファッション業界に貢献する人材育成に、学園一丸となってさらに一層取り組んでまいりたいと思っております。

国際ファッション産学推進機構
機構長 川合 直